Menu

先生

学校外での勉強

塾に通えば何を勉強すべきかが明確に分かる点が大きなメリットです。他にも、仲間と刺激しあうことで学習意欲が増したり、決まった時間に塾に通うことで学習習慣が身についたりする点も挙げられます。

勉強

学びあえる友がいる場所

塾を利用することで、学ぶことにより意欲的になれるという事がメリットです。一緒に友達と学ぶことが出来るため、より自分のレベルについて具体的に把握することが出来るようになります。さらに高いレベルの学力をつけたいという意欲を持てるのも魅力です。

教師と生徒

目的に合った勉強法

難関校への受験を成功させるには、着実に実力をつけていくことが必要であり、その為には確立された勉強法を取り入れることです。毎年、志望校への合格者を輩出している学習塾では、その勉強法を確立していることから、無料体験授業を受け、その中から目的に合ったところに通うことです。

小学生

個人と大手どっちを選ぶ

塾としては、大まかに言うと「個人」「大手」の2つに大別できます。また、指導方法としては「個別指導」「集団指導」という方法があります。個人塾は小規模でマンツーマンの指導も可能である、大手塾は専門分野に強みがあるなど、それぞれのメリットがあります。それらを総合的に判断して選ぶと良いでしょう。

授業

目的を持って学習をしよう

塾には集団指導と個別指導に分類されます。進学を考慮するならライバル意識を持って、成績向上を目指せる集団指導が、学校の授業の補習や苦手科目克服、部活との両立などを考慮するなら個別指導とその選択は人により様々です。どちらが自分に合っているのか無用体験授業に参加して理解を深めてみましょう。

子供にあった勉強スタイル

学生と先生

効率のよい勉強場所とは

子供が中学生や高校生になり、勉強が難しいと感じた時や、志望校の受験が近くなってくると、家庭教師をお願いしたり、塾に通わせようと考える親が増えてきます。また、塾にも家庭教師にもたくさんの種類がありますし、また、塾といっても、個別に指導してくれる塾と、集団で授業を受ける塾の2つがありますので、どれがいいのかと悩む人も少なくありません。家庭教師と個別塾は、どちらもマンツーマン、もしくは、少人数制で勉強を教えてもらえるため、子供の理解度に合わせて指導してもらえるというメリットがあります。分からないことがあっても質問しやすいので、引っ込み思案の生徒にもおすすめです。また、好きな時間や曜日を決められるので、部活動や他の習い事と時間が重なった時や、体調が悪い時などに、無理をして通う必要がありません。先生の変更がしやすいこともメリットとして挙げられます。一方、集団塾の場合は、周りの人との競争意識が働くので、自分の学力がどのレベルかという、自分の位置を理解することができます。特に、負けず嫌いの子供や、上昇志向が強い子供におすすすめです。さらに、仲間との一体感も生まれ、一緒に頑張ろうという気持ちにもなるでしょう。家庭教師や個別指導に比べて、授業料金が安めというメリットもあります。加えて、ほとんどの場合、指導のプロの先生が教えてくれるので、レベルの高い、質の良い授業を受けることができます。このように、家庭教師、個別塾、集団塾には違いがありますので、その子の学力や性格にあった勉強の仕方を選ぶことが大切です。

Copyright© 2018 正しい塾の選び方|子供の頃から習わせる意味 All Rights Reserved.