Menu

目的を持って学習をしよう

授業

個別指導と集団指導の違い

塾を選ぶ前にどのような目的で通うのか考えてみましょう。学校の授業の補習的なレベルでいいのか、あるいは進学も考慮に入れて塾を選ぶのかです。補習的はレベルでは学校の勉強について行けない子を対象としていますので復習中心になります。このタイプは家庭教師に指導してもらうケースにも当てはまります。さらに家庭教師は自宅で落ち着いて学習ができる点が特徴です。一方で進学塾の場合は、志望校を目標に掲げて問題の傾向を徹底的に分析し指導します。こちらの場合は既に自分で予習復習もでき、ある程度深い理解度がある生徒が適しています。また塾には集団指導と個別指導もあります。進学目的の生徒は同じ志望校の生徒と競い合うことで、ライバル意識も高まり成績が伸びる傾向がありますから集団指導を選ぶ生徒は多いのです。人見知りがあり、学校の勉強について行けない、集団指導の教室では発言しにくいと感じる生徒には個別指導が魅力的かもしれません。個別指導のメリットは講師が一人に対し生徒が二、三人なので目が届きやすい、質問がしやすい所です。このように集団指導と個別指導の違いを理解しおくことは大切です。特に進学を目指す生徒には大手の塾の方が全国模試の実績、過去に有名学校の合格者を出した経験やテクニックもあるので選択肢の一つにするのもいいでしょう。現在、多くの個別指導塾が無料体験授業を行なっています。生徒も保護者も実際に参加してみて肌で感じてみましょう。

Copyright© 2018 正しい塾の選び方|子供の頃から習わせる意味 All Rights Reserved.